2008年10月08日

小林、益川、南部氏にノーベル物理学賞


【10月7日 AFP】スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2008年のノーベル物理学賞を小林誠(Makoto Kobayashi)高エネルギー加速器研究機構(KEK)名誉教授(64)、益川敏英(Toshihide Maskawa)京都産業大学教授(68)、南部陽一郎(Yoichiro Nambu)米シカゴ大名誉教授(87、米国籍)の3氏に授与すると発表した。

今回の受賞でノーベル賞受賞日本人は15人になるようです。

ノーベル賞は、物理学賞/化学賞/生理学・医学賞/文学賞/平和賞 /経済学賞の6部門あるんですね。

で、日本人がまだ貰ってないのは経済学賞だけなんです。

私とは次元の違う世界ですが、とにかくおめでとうですね!


posted by KIYO-B at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。